味一番うどんのおいしい茹で方

大きな鍋で茹でる

大きな鍋にたっぷりの湯を沸かし「味一番うどん」を茹でます。ゆでる間は軽く沸騰させておくとうどんが湯中でほど良く動き均一にゆであがります。

さし水をすると湯温が下がり過ぎ回復するまでに時間がかかるので良くないです。

ゆで過ぎてたり、ゆで不足で芯が残っているうどんは美味しくありません。

鍋からうどんを1本取り、流水でうどんを冷ましてから親指の腹でうどんを押しつぶし、白い芯が無くなったらゆで上がりです。食べてみるのも良いですが、うどんが良く冷えない内に食べると冷めたときよりも柔らかく感じるので注意が必要です。

冷たい水ですぐ洗いましょう

そばやラーメンはここまでもみ洗いすると切れてしまったりしますが、うどんは一度あら熱を取りながらよく洗います。

ゆで上がったらすぐに大きなボールに貯めた大量の冷水で洗いましょう。何回かボールの水を換え、うどんが十分に冷えるまで洗います。すぐにうどんを冷まさないとうどんの糊化が進行してしまい、ゆで過ぎの状態になってしまします。夏期など気温の高いときは氷水を使うのがよいでしょう。

のびない内にすぐ食べましょう。

おいしい「味一番うどん」の出来上がり。
味一番うどん」は茹でてから時間がたってもおいしくめしあがれますが茹でたての味は格別です。

お好みのつゆと薬味でゆであがったらすぐに食べられるようにしておくと良いでしょう。